読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#レコーディングダイエット

毎日食べたものを書きます

ちえの日(3回目)がつまらなかった

ちえの日 ライフハック ひとり飯レシピ こじらせ

12月18日(木)


食べていない


ごはん、ねぎ入り卵焼き、大根とにんじんと卵の炒め、魚フライ、つくね、大根の漬物、お茶


卵とねぎを入れた雑炊、大根漬物、お茶

おやつ
コーヒー、お茶、クッキー、ポテトチップス、プリッツ、コーラ、しょうが入り紅茶

                  • -

ひっそりとちえの日(3回目)を敢行しました。

★ちえの日とは、毎月家計が赤字なので少しでも節約する方法はないかと思い
週に1回だけ「お金を1円も使わない」日をつくろうと思ってやっていることです。

1回目
2回目

前日の夜のうちに、夕食の大根の炒めを少し食べないでとっておき、
炒めで残った大根を切ってビンに入れて、
塩昆布と醤油と酢で付けて冷蔵庫に入れる。
糖質制限erなので普段は炊かないけれど、
前回、ご飯無しの弁当作りはめんどくさかったのと
家にある米がいい加減古いと思ったので
(いつも全然食べないから、いつ買った米か記憶にない)
1合ちょっとしかなかったけど、朝に炊けるようタイマーをセットしておいた。

朝は食欲がなくて、しかもこの日は雪で
乗り換えの駅で待ってたらたまらん寒さで気持ちが悪くなり
いつもより勤務中のおやつを食べないで済んだ。

夜は少しおなかがすいたんだけど
帰りに太田川でやってた学生たちの集まりを見学に行き
そこで余ったお菓子を食べてしのぐ。(どういう職員だ。)

家に帰っても寒かったせいか頭が痛くて、風邪かな?と思ったので
普段は2食続けてお米は食べないけど、すぐできる雑炊にしました。

というわけで3回目クリア。


クリアなんだけど・・・

なんか、「ちえの日」、全然面白くないって言うか…
つまらん…
達成感もあまりない…

#レコーディングダイエット をFacebookではじめたときは
最初はつらかったけど、面白かったんですよねー。

なんでおもしろかったんだろう?って考えたら
大変だったからなんですよ。

まず、食べたものを覚えていられないし、
ご飯を作る気がなくても「チキンラーメン」とか「マクドナルド」とか「藤一番」とか書くのイヤじゃないですか。乙女だから。乙女だから。藤一番なんてめったに行かないけど…
とにかくブス飯のたぐいは書きたくないじゃないですか。乙女だから。

だから、最初のうちは食べたものを写真に撮ったり
コンビニで買ったら、レシートをとっておいたり(見ながら書いていた)
手帳に書いたりしていたんですよ。

で、ファストフードとかも買わなくなったり(これはダイエットに好影響だったと思う)
買っちゃったり、食べちゃったりしたときは、それを面白おかしくネタにして書いたりとかですね(乙女だから)、様々な工夫ができたわけですよ。

と、考えると
なんでちえの日が面白くないかって言うと



簡単すぎる



からなんじゃないかと…

まずね、3回やってみたんですけど、3回とも「できそうな日」にやってるんですわ。
1回目は休みの日(家から出なければクリアできる)
2、3回目は弁当が作れて、夜に外食の予定がなくて、ストックのお菓子とかが用意できてる日、っていう。ダイエットなのにストックのお菓子をなんで用意しているんだよっていうことについては、自分でも分かっているので言わないでください。

だから、簡単すぎて工夫のしどころがないって言うか、
弁当作ったりとか、工夫はしているんだけど
工夫が簡単すぎるっていうか…
「知恵」を使うまでには至っていないっていうか。

つまり、困難がないと楽しくないってことなんじゃないかと。
わたしは、つまんないと何事も続かないタイプなので
次の記事では、「ちえの日がどうしたら楽しくなるか」を書いてみたいと思います。

つづく

    • -

(おまけ)
「困難がないと楽しくない」ということであれば

・お金がなくなる
とか
・ものすごく太って着られる服がなくなる

っていうことのほうがよほど困難なので、節約もダイエットもやめちまったほうが楽しいんではないか?とも思ったんだけど、その困難は全然楽しくなさそうなのはなんでだろう。。。
楽しい困難と楽しくない困難の違いは何なんだろう。

ちなみに、ブス飯といえば「わさビーフ」ですよね。