読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#レコーディングダイエット

毎日食べたものを書きます

絶対にやせられる方法があるのに、どうしてそれをしないのかしら

このブログがおもしろかった。


「ライフハック」という名のチート技 - あざなえるなわのごとし

痩せようと思ったら、毎日バランスよく、多すぎない量の食事をとって
ジョギングしたりウォーキングしたりしてきちんと体を動かせばいいんですよね。
必ずやせるんです。

でも、そういうことって見向きもされないどころか
なぜか「そんなん分かってるよ!」と逆に怒られちゃたりするっていう。
エキセントリックな方法、ニッチな手段、裏ワザのほうが
世間の耳目を集めるんだと。

たとえば和食ってのは非常にバランスがいい。
もし塩分が気になるならどれかを減塩にすれば済む。
ところが「糖質制限が健康だ!」「おでんを食べてやせよう!」「ベジタリアンに!オラはなる!」などと極端な話を持ち出されると、途端にそちらに傾倒する。

実際、もしやせたいなら朝昼晩の食事をカロリーも考えてバランスよくキチンと食べ、飲み会で飲み過ぎず、不規則な生活を止めて、ひと駅分歩いたり、昼休みは遠出してみるとかすれば無理なく体重は減っていくのに、なぜか極端なことに走りたがり結局続かずに太る。
特別な身体じゃなく、ごく普通の身体で、ごく普通に食い過ぎで、ごく普通に運動不足だから太る。


でも、そういう「ごく普通のこと」をするのが、とても難しい。
普通にしていると、なんの濃淡もないこんな生活で、こんな自分でいいのかと不安になってしまう。普通が正解っていうか、普通こそが目指す姿へのいちばんの近道なのに
難しい。ふしぎ。

イレギュラーな状況と言うのは自分が何かを「やってる感じ」にさせてくれる。
「やってる感じ」がして、「目に見えて明確な効果がある」からこそハマる。
しかし継続性を考えれば「やってる感じ」はしないし「目に見えて明確な効果がある」こともないけれど、一年後に振り返ってみるとやせてる、とかそういうことであれば生涯続けることも楽な筈なのに。
ベジタリアンだぜ―!」「糖質制限でやせたわ―」「マクロビすげー!」
やってる感じはすごくあるけど、どれも行動としてバランスが悪い。
偏った生活をいつまで続けていくんだろうか。
残念ながら人生は、死ぬまで続くんだが。


キャリアカウンセリングの人に『自分の強み』というのは、『自分が苦なくできて、それなのになぜか他人にほめられてしまうようなもの』という話を聞いたことがある。
わたしはいつも「こうしなければいけない」「こんなんではダメだ」と理想や「あるべき論」ばかりに目が向いてしまうけど、そうじゃなくて、自分が本当にイヤじゃないなということだけやって、イヤなことはやらない、というふうにしていたら、それで幸せなんじゃないかなって思った。

                        • -

3月10日(火)

アップルデニッシュ、お茶


えびと卵が入った大根サラダ、ホットケーキ、野菜生活100


まだ食べてない

おやつ
チョコレート、ガム、ハイチュウいちご味

                        • -

脂肪と言う名の服を着て-完全版 (文春文庫)

脂肪と言う名の服を着て-完全版 (文春文庫)