読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#レコーディングダイエット

毎日食べたものを書きます

チラシ作りたかったらすぐ俺に言え

今日、ある場所で調子に乗って
「わたしチラシ作るの得意なんです」って言ったら
初めて会った何人かの人から
「どうやって作ったらいいか教えて」って
すぐ言われた。
単純なので、これは商売になるんじゃないかと思った。

誰かに伝えるよりも先に

印刷会社のときはやってる仕事の
90%くらいがチラシだったし(そういう時代だったんです)

その後も、頼まれてチラシを作らせてもらったことも何度かあるし
なんと今夏は「NPOのためのチラシ作り講座」などという
講座の講師までやらせていただくという
『怖いもの知らず力(りょく)』を遺憾なく発揮しているわたくしですが
(本当に、頼んでいただいて、本当にありがとうございます)


チラシ作って喜ばれるときって

・どんだけ集客したか

っていうよりも

・自分(の会社)が言いたかったことは
 こういうことなんだよ~!

っていうのを、チラシとかコピーとかいうかたちにして
チラシを頼んでくれた人に、
提示できた時なんだよなあと思うんです。

だから、どうしたら集客できるんだろうとか
伝わるんだろうか っていう以前に、

・自分たちのやっていること
・自分たちの思っていること
・自分たちの大切にしていること
・自分たちのいいところ

って、わかっているようで、
意外にもやっとしていたり、
わかっていても「言葉」や「ビジュアル」として
表現することって、(「自分たち」では)ムズカシーんだなー
と思って。

わたしは、人の気持ちに共感したり
感情移入したりっていうことが苦手なぶん、
あらゆる神の宿った細部をぶっとばして
「つまり、こういうことだよね?」って
コアの部分だけ、あるいは、大づかみに要約した部分だけを
提示することが得意なのかもしんない。
「鈍感力」「空気読まない力」「共感しない力」
「血も涙もない力」のたまものである。…。

わたしはIllustratorとかPhotoshopとかも使えないし
デザインのセンスも無いんだけど
チラシ作りやチラシ作りのアドバイスにかけては
そのへんの「デザイナー」さんにもそうそう負けんという
自信と気概があるので!(って言っとく!)
なにをどう伝えたらいいかわからんっていう人は
ぜひ、わたしに頼んでください。
特に、ソーシャルセクターのみなさん
一緒に頑張りませんか~。


f:id:yoshimi_deluxe:20150923002432j:plain
最近作ったチラシ
自分で自分のためにチラシ作ったのは人生で初めてかも

とはいえ、本当に商売にするなら
集客力もあるチラシを作ってもらえるようにしないと
お金は取れないと思うので
もっと商品としてはブラッシュアップしないとなー。

こうだったのかNPOの広報

こうだったのかNPOの広報

Save The Children

Save The Children