読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#レコーディングダイエット

毎日食べたものを書きます

本をあげたりもらったり

本/書評 乙女

友人の茜ちゃんがやっている「にんげん図書館」で

本を交換するイベントをやってたので、

ふらっと行ってきました。

↓ 以前に書いた「にんげん図書館」の記事。

yoshimi-deluxe.hatenablog.com

 

今回は友人の「えっちゃん」が持っている本と

他の人が持ってる本を交換する企画ということで

わたしは、えっちゃんにあげる本として、自分の本棚から

山崎ナオコーラさんの

「この世は二人組ではできあがらない」をチョイス。

えっちゃん、新婚だしいいかなと思って。(笑)

 

f:id:yoshimi_deluxe:20151005060501j:image

こういう社会にしたいんだという理想、
そのために自分が貢献できることをしたいという日々の実践、
生活のための仕事、と
パートナーとの関係が、フィットしたりガタガタしたりする
様子が書かれていて、胸がきゅーとなる。
山崎ナオコーラさんはえっちゃんやわたしと同じ
1978年生まれの作家なので、大学卒業とその後の世の中の
移り変わりと自分の人生の流れがわかって面白い。
ちなみに登場人物も「紙川さん」「しおりちゃん」ていう名前で
本のイベントで交換するのにふさわしいかなとも。(笑)
 
 
f:id:yoshimi_deluxe:20151005060506j:image
写真が横になっちゃうの
 
で、これがえっちゃんからもらった本。
えっちゃんの本棚からは、おしゃれなお料理の本とか、
かわいい本もいっぱい出してくれていたんだけど
わたしがもらったのはこの2冊。
「代表的日本人」と「市民のマネジメント」。
読もう読もうと思っていて読んでいなかった2冊と会ったので
いただいてまいりました。
 
「市民の~」は仙台から日本の
市民活動をリードしていたという加藤哲夫さんの本。
まだ読んでないけど、この表紙の細いゴシック体?
教科書体?のフォントが、東北って感じがするな~。
自分にとって東北は、細ゴシのイメージ。
控えめな力強さ、素朴な優雅さ。
JR盛岡駅のサインのイメージ。(笑)

 

 

この世は二人組ではできあがらない (新潮文庫)

この世は二人組ではできあがらない (新潮文庫)

 

 

代表的日本人 (岩波文庫)

代表的日本人 (岩波文庫)

 

 

 

市民のマネジメント―市民の仕事術〈2〉 (仙台文庫)

市民のマネジメント―市民の仕事術〈2〉 (仙台文庫)