読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#レコーディングダイエット

毎日食べたものを書きます

病院行くのもアパート借りるのも、生きてるだけで命がけ

blog.livedoor.jp

(記事より)
自分がかかる医療機関や薬局が増える度に、事前に追加登録の届出をしないと受給者証適用外になってしまいます。私のように在宅で療養していれば、訪問看護先が増えたり急なレスパイト入院が必要になったりし、医療機関は増えます。現在は、その度に保健所に走り、追加登録申請をすることになります。しかも、追加登録後の新しい受給者証が届くまでには、2~3週間かかるのです。
事務手続きが困難な難病患者に対して、極めて複雑な事務手続きを強いています。その結果負担を受けるのは家族をはじめとした介護者なのです。これは、患者の精神的ダメージには十分なものです。


難病患者だけじゃなく障碍者も高齢者も子どももそう。
「健常」で、大卒で、イザとなったら
役所の人に文句言ったるでーみたいな気力のある自分でさえも
「????」となってしまうような手続きを
いろんな人に強いているなあと思うのよ。

これは役所だけじゃなくて
携帯電話や保険やアパートの契約とかもそうだなあと思う。
みんなあんま言わないけど、契約書類の内容なんて
難しくてわかんないよね。。。
そしてさらに移動が不便ならめんどくさいことこの上ないよ~。
こういうの一体どうしたらいいんだろうね?


何か悪いことする人がいるから本人確認を厳密にしたり
微に入り細に入った説明やら規則やらあるんだろうけど
医療とか保険とか
携帯とか住宅ってライフラインでしょ。
手続きを簡単にするか、
手続きを簡単にできないのであれば、それをサポートするのが
「合理的な配慮」というものだから
その仕組みを作らないといけないなあ。

っていうことを考えるのが本当は
「福祉の仕事」(ソーシャルワーク)なんじゃないかなって
わたしは思うので
今日も頑張って社会福祉士試験の勉強をして…
一文字一文字に力をこめて、ライターの仕事をするのだ…


しかし恩田君*1は、
いまの恩田君にしかできない心からの発信をすることで、
世の中を鋭く照らす普遍的な価値を提供しとるなー。
凄いなー。
自分も変に迎合したり媚びたりせず、自分のセントラルドグマから言葉を紡いでいけばいいんだなと気づかされた。恩田君に負けないように自分もがんばるぞ。*2

ondasatoshi.com

*1:恩田君、と「くん付け」しているのは、恩田君とわたしが高校の同級生だからです

*2:高校時代から一回も何かで勝ったことないけど