読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#レコーディングダイエット

毎日食べたものを書きます

新生「プレシャスホール」に行ってきました

クラブ こじらせ 音楽 社会

11月の始めに北海道を旅行してきました。
わたしは他にこれといった趣味がないので
旅行に行っても観光よりも現地のクラブに行って
夜遊びをするのが楽しみだったりします。

今回も札幌にある、ハウスの聖地と名高い
老舗のクラブ「プレシャスホール」が
移転リニューアルオープンしたとのことで
ほぼそのためだけに北海道まで行ってきました。

www.precioushall.com

札幌駅・すすきのからもアクセス抜群

以前(7年くらい前かな?)に来たときは
もっと町外れの方にあった気がするのですが
新しいプレシャスホールは札幌駅からもすすきのからも近い
札幌パルコのすぐ向かいの「パレードビル」という
おっしゃれな建物の地下にありました。

f:id:yoshimi_deluxe:20161124140059j:plain
旗がかっこいい
f:id:yoshimi_deluxe:20161124140137j:plain

こんな感じでビルの階段を下っていくと
エントランスがあります。
プレシャスの中は撮影禁止なので、ここからは
写真がありません。

エントランスからつながる廊下には
ロッカーや椅子が置いてあるんだけど
これは昔あった場所からそのまま持ってきたものだな~と分かって
なんか泣けました。

案内された通りに廊下を抜けていくと
正面に一人掛けの柔らかいソファだけで40脚くらいある、
広いラウンジがありました。
この日は無音だったけど、Klipshというとてもよいスピーカーを
カスタムしたスピーカー(と思われる)が何本か置いてあり
ここだけでもパーティができそうでした。
照明も手づくりの温もりを感じさせつつ、
凝ったデザインで配置されていておしゃれでした。

ラウンジを通り抜けるとバーカウンター&バースペース
そしてその奥にダンスフロア!
ラウンジの照明があったかいのに対して
フロアは真っ暗、シャープな雰囲気でいい感じ!
行った初日はテクノ、二日目はハウスと、バンドのライブが入ってました。

フロアの広さは名古屋で言うとJB'Sのフロアと同じか、少し広いくらいかな?
と思うけど、天井が高いのでもっと広く思える。
音響のことはあまりわからないんだけど、天井が高いせいか
音がこもらずクリアに聞こえて、かつ、
大きい音だけどうるさくなく、会話がしやすい感じでした。

お酒の出ないクラブ

プレシャスホールのサイト(11/24現在)にもあるように
私達が行った時も、いまもプレシャスでは24時以降はお酒を出せないそうです。

いわゆる改正風俗営業法の営業許可(特定遊興飲食店営業)をとるのに
「申請してから2~3カ月はかかる」(お店の人談)とのことで
許可を待たずに営業しているので
酒類の提供は24時まで、日付が変わってからはソフトドリンクのみでした。

長い間、ご心配、ご迷惑をお掛けしておりますが、
いよいよ、10月12日 水曜日の平日に
PRE OPEN PARTY を行います。

諸届の遅れのため、
今は深夜(24時~朝6時)に
酒類を販売することができません。
(Coffee・Soft Drinkはもちろんあります。)

音楽のみのパーティーを、
これから数回続けて
GRAND OPENへ向かっていきます。

今現在は、おおよそ完成には程遠く、
何度かのCONSTRUCTION PARTYを経て、
皆さんに納得して頂けるよう、
努力していきます。

準備期間がほぼ無く、
印刷物の制作まで行き着かず、
ホームページ上のみの告知になりましたことを、
深くお詫び申し上げます。

GRAND OPENの際は、追って連絡させて頂きます。

尚、誠に勝手ではありますが、PRE OPENのため、お花・お酒などのお祝いは辞退させて頂きます。

夢はまだ続いていきます。
PRECIOUS HALL
(プレシャスホールのサイトより http://www.precioushall.com/schedule/

行く前は「お酒無しで営業するクラブ」というのが信じられず
「またまた~、建前上そう言ってるだけで
 実際はコッソリお酒出しているんじゃないの~?」
なんて思っていたんですが(ごめんなさい)

本当に出していませんでした。

お酒を出さないということは、お店としては売上にならないので
経営的にも辛いと思うんです。
こんないいロケーションだし…。
それでも、プレシャスホールをプレでもオープンする、
ということは
プレシャスホールがいかに札幌の人に求められているかということであり
プレシャスホールがいかにその灯を絶やしてはならない、と信じているか
ということなんだなと感じた。

f:id:yoshimi_deluxe:20161124143735j:plain

プレシャスホールのマンスリースケジュールを見たら
それぞれの日のパーティの内容とは別に
毎日の日付の上に、この日はジョセリン・ブラウンの誕生日だとか
ラリー・レヴァンの命日だとか
書いてあるんだけど、それと一緒に
ユウジさんの誕生日とかミカリンの誕生日とか
プレシャスによく来るお客さん(と思われる)人の誕生日が書いてあるんですよ。
コミュニティがあるってこういうことなんだなーと思った。


わたしはクラブが好きでダンスが好きで
パーティは人と人とをつなげるとか
音楽は希望や力をくれるとか
クラブ・カルチャーは暗闇から社会を照らすようなパワーがあるとか
強く強く思っているけれど
今まで、クラブで会う人とも、クラブには行かない友達にも
そういうことをきちんと話したことがなかった。
何だか恥ずかしいし、うまく言葉にできないし
否定されたら悲しいし
ということで、話せなかった。

でも、それは自分が
クラブカルチャーを見くびっていたということに
他ならないのではないかなと思った。
お酒が出せなくても、許可になぜか時間がかかっても
それでもパーティを続ける、という強い意志に支えられた行動にふれて
そう思った。
お酒があればもっと違う楽しみがあったかもしれないけれど
なくても十分楽しかった。


自由にダンスするように、
もっと自分の気持ちを正直に表現していけばいいんだと思った。
自分の愛するものを、自信をもって素直に愛していけばいいんだと思った。
LOVE SAVES THE DAYだ。


(余談)  
あまり誰にも知らせず「この日は仕事が空いている」という
理由だけでフラッと札幌に行ったんだけど
Preciousに入って最初に会った人が
名古屋にもたまに遊びにきてくださる
浜松のDJのSidさん、山梨Jujuのそのこさんとテラダさんでした。。
Music Brings us together!

David Mancuso Pres. the Loft

David Mancuso Pres. the Loft

Live at the Paradise Garage

Live at the Paradise Garage

Somebody Else's Guy

Somebody Else's Guy