読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#レコーディングダイエット

毎日食べたものを書きます

人生は電気グルーヴ、3月30日から4月2日までの食事

こじらせ 本/書評

「誰の心にも、本当に辛い時とかに救われた
よりどころになるものがあるでしょう、
よしみちゃんの場合はそれは何なの」と人に聞かれて

つい、咄嗟のことにあたふたしながら

「わたしにとって、それは電気グルーヴです」と答えてしまいました。

25

25

A(エース)

A(エース)

DRAGON

DRAGON

間違ってはいないけど、つい、自分の素(す)が出てしまったようで、恥ずかしかった。


そして昨日も書いたけど、on readingでECDの本「人生は電気グルーヴ」を買いました。
ラッパーのECDがいろんな人の悩み相談に答える本で、
編集と流通を手掛けたのは奥さんの植本一子さん。
Amazonでは買えません。

・子どもの性教育をどうしたらいいか
・バンドをやっているが、チケットが売れず会場にお客さんが1人もいない時
 誰に向かって歌ったらいいか
・酒を飲む量を減らしたい
・どうすれば、これだ!と思えるような仕事を見つけることができますか?

などいろんな悩みにECDが答えているだけの
わら半紙に刷ったリトルプレスです。
※ミュージシャンの「電気グルーヴ」と、内容は全然関係ありません。
(ベタすぎて誰も言わないから書いておくけど、人生相談⇒人生(電気グルーヴの前身のバンド名)⇒「人生」は、電気グルーヴ、という発想、と
ECD自身の、ラッパーとしての音楽に捧げた(=電気のグルーヴ)人生、とかけているんだと思います たぶん)

本の中で印象に残ったところを引用しておきます。

自分をみている自分、その自分を見ている自分、そのまた自分を見ている自分、そうやってひとは無限の高みに立つことができます。ものごとを客観的に見るためにメタな視点は不可欠ではあります。しかし必要以上の高みに立ってしまうと世界には限りなく問題ばかりのように見えてしまいます。そして視点は神ではあってもあなたの能力は神のように全能ではない。それなのに全ての問題を解決しないと目の前の問題も本当の解決には至らないと考えてしまう。これは何もしないことの言い訳に悪用されがちです。ご自分の無力を受け入れてください。
 そしてそれでもできることがないかを考えてください。どんなに小さなことでもいいので目の前の問題を解決することに力を注いでください、(ECD「人生は電気グルーヴ」2015年)

                  • -

3月30日(月)
わすれた

3月31日(火)
わすれた

4月1日(水)

食べていない


すすきの亭でみそコーンラーメン


キムチチゲ、ビール

おやつ
コーヒー、カフェオレ

4月2日(木)

お茶


イカフライ、味噌汁、大根と鶏の味噌煮、大根とにんじんの浅漬け、ワカメときゅうりとじゃこの酢の物、なすのひき肉はさみ揚げ、鶏のトマトソース焼き、春巻き、煮卵、お茶


ビール、キムチチゲ(昨日の残りに卵を入れた)、わかめと大根のサラダ、アーモンド

おやつ
紅茶、のど飴、ピスタチオとバニラのクッキー

                  • -

失点・イン・ザ・パーク

失点・イン・ザ・パーク

働けECD わたしの育児混沌記 (ミュージック・マガジンの本)

働けECD わたしの育児混沌記 (ミュージック・マガジンの本)

The Bridge-明日に架ける橋

The Bridge-明日に架ける橋